スポンサーサイト

  • 2017.08.14 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    生物学的製剤治療を受けた方における帯状疱疹ウイルス感染

    • 2017.02.03 Friday
    • 23:26

    帯状疱疹は、脳神経後根神経節に潜む水痘・帯状疱疹ウイルスが再び活性化されることでおきます。

     

    診療の際、私は結構、気にしております。

     

    この感染症についてアルゼンチンのJ.P.Pirola氏らはリウマチ性疾患を持つ方の特徴と帯状疱疹ウイルス感染の頻度をBIOBADASARの

     

    データベースを用いて調べております。BIOBADASARのデータベースには2016年1月の時点で3483人が登録され、平均年齢は56.1

     

    歳、女性がだいたい5人に4人でした。疾患内訳は、関節リウマチが5人に4人でほとんどを占め、他に乾癬性関節炎、若年性特発性関

     

    節炎、全身性エリテマトーデスでした。そして、生物学的製剤を使用していたのは5人中3人くらいの割合でした。

     

    生物学的製剤の内訳は、40%がエタネルセプト、22%がアダリムマブ、10%がアバタセプト、8%がリツキシマブでした。

     

    この中で25人に帯状疱疹が起こり、そのうち22人は生物学的製剤を使用しておりました。生物学的製剤使用から約11ヶ月ほどで帯状

     

    疱疹になっておりました。

     

    22人の帯状疱疹罹患者の生物学的製剤使用内訳は、10人がエタネルセプト、4人がアバタセプト、4人がリツキシマブでした。

     

    解析をさらに詳しくすると、ステロイド使用、生物学的製剤を使用している方に帯状疱疹となる危険性が高いことがわかっておりま

     

    す。逆にメトトレキサートは帯状疱疹の危険性が低かったと大変興味深い結果が発表されておりました。このデータベースでは、

     

    1000人のリウマチの方を1年どうなるかと経過を追うと、セルトリズマブは5.5、トシリズマブは5.5、インフリキシマブは3.5、

     

    エタネルセプトは2.2、アバタセプトは2.2とだいたい2〜5人は帯状疱疹を併発するようですが、なぜかアダリムマブだけは0.4と少な

     

    い結果でした。?という結果です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    スポンサーサイト

    • 2017.08.14 Monday
    • 23:26
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする